ジェリイ・ソール

Jerry Sohl

1913/12/ 2-2002/11/ 4 U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ジェリー・ソール表記あり。
本名(Sr. Gerald Allan Sohl)
『異次元への冒険』、インランド・エレクトロニクス社にコスティガン博士が奇妙な装置を売り込んだ。その装置は人体透過装置とでもいうようなものであるが、実態は異次元への移行装置だった。
装置を巨大化させたインランド・エレクトロニクス社で実験をおこなったところ、ひとりの男が装置に呑みこまれてしまった。
刑事がやってきて、その刑事も呑み込まれた。救出作戦が行われるが、トラブルが発生し、その装置の周り三ブロックのあらゆる人間が異世界へと呑みこまれてしまった。
人々はかの地で、生きていくことを余儀なくされたのである。
入門書。いまとなっては、無理か。少年少女向けにリライトされているけれど、いい作品。
Amazon ジェリイ・ソール Jerry Sohl

Novel

『異次元への冒険』 Costigan's Needle (1952)

『半数染色体』 The Haploids (1952)

『時間溶解機』 The Time Dissolver (1957)

Short Fiction

「アンテオン遊星への道」 Counterweight (World of If 1959/11)

「見えざる敵」 The Invisible Enemy (Imaginative Tales 1955/ 9)

Juvenile

『異次元の新世界』 Costigan's Needle (1952)

『合成人間「22X」』 The Haploids (1952)

Top of Page