キース・ピータースン

Keith Peterson

1954- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

本名アンドリュウ・クラヴァン(Andrew Klavan)、アンドリュウ・クレイヴァン表記あり。
Pen Name:マーガレット・トレイシー(Margaret Tracy)は弟との共同Pen Name。
ニューヨーク生まれ。カリフォルニア州立大学卒業。ロンドン在住

Amazon キース・ピータースン Keith Peterson
Amazon アンドリュウ・クラヴァン Andrew Klavan

Novel

『暗闇の終わり』 The Trapdoor (1988)

『幻の終わり』 There Fell a Shadow (1988)

『夏の稲妻』 The Rain (1989)

『裁きの街』 Rough Justice (1989)

『傷痕(きずあと)のある男』 Scarred Man (1990)


『愛しのクレメンタイン』 Darling Clementine (1988)

『秘密の友人』 Don't Say a Word (1991)

『アニマル・アワー』 The Animal Hour (1993)

『真夜中の死線』 True Crime (1995)

『アマンダ』 The Hunting Down Amanda (1999)

『ベラム館の亡霊』 The Uncanny (1998)

『妻という名の見知らぬ女』 Man and Wife (2001)


『切り裂き魔の森』 Mrs. White (1983)

Short Fiction

「カルボーネの相対性理論」 Kneecap Carbone and the Theory of Relativity (EQMM 1990/ 2)

「これが最後よ」 The Last Time (EQMM 1988/ 5)

「彼女の面影」 The Look on Her Face

「地方検事ルー・モナハン」 Lou Monahan, County Prosecutor

「彼女のご主人さま」 Her Lord and Master (editor:(Otto Penzler) Dangerous Women 2005)

「クリスマスの殺し屋」

TOP