ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

ウラジミール・レーニン

Vladimir Il'ich Lenin

1870/ 4/22-1924/ 1/21 Russia
Authors List

ニコライ・レーニン、他、いくつかの名前での署名があり、そのため、ニコライ・レーニンでの表記もある。
どうもニコライ・レーニンの方が一般的らしい。
言葉は主義主張のための大切な手段であるが、しかし…
Amazon ウラジミール・レーニン Vladimir Lenin

Nonfiction/Etc.
下出書店

『労農革命の前途』

文化学会出版部

『レニンの社会学説』

希望閣

『資本主義最後の階段としての帝国主義』

『資本主義展開期における農村問題』

『左翼小児病』

『社会民主党の農村綱領』

『ロシア社会民主主義者の任務 -附・経済主義者に対する抗議書』

『ロシア農村問題』

『マルクス・エンゲルス・マルクス主義』

『ロシア社会民主々義者の任務』

『宗教について』

『帝国主義論体系』

『共産主義「左翼」小児病 -マルクス主義的戦略戦術に関する通俗的談話の試み』

『協同組合に就いて』

『社会主義と帝国主義』

『マルクス主義の鏡に映じたるトルストイ』

『民族問題について』 ber die nationale Frage

『国家に就いて』

社会思想社

『カール・マルクス -マルクスの略伝及マルキシズムの梗概』

無産社

『左翼小児病』

白揚社(HakuyoSha)

『何を為すべきか』 Librairie de l'humanite

『一九〇五年の意義と教訓』

『二つの戦術』

『ゴーリキィへの手紙』

『農民問題のテーゼ』

『革命家演説集 第1編 -働かざる者は食ふ可からず』

『国会解散とプロレタリアの任務』

『農民生活に於ける新経済運動 -レーニン最初-1893年執筆-の文献』

『インタナシヨナル』

『第一革命と其の前夜』

『トルストイ主義批判』

『背教者カウツキー』

『プロレタリアートの政治的任務』

『唯物論と経験批判論 -反動哲学の批判的考察』

『ロシアに於けるマルクス主義の建設』

『一九一七年』

『嵐に抗して』

『共産主義序説』

『協同組合論』

『合法的マルクス主義との闘争』

『農業に於ける資本主義』

『民族問題』

『「急進主義」共産主義の小児病』

『貧農に訴ふ -マルクス主義の目的を農民に説明したもの』

『レーニンの反宗教論』

『十九世紀ロシアの農業問題』

『一歩前進二歩退却』

『現物税に就て』

『左翼小児病』

『市場の理論』

『資本主義の最高段階としての帝国主義』

『社会民主々義の任務抗議』

『新工場法』

『第二インタナショナル』

『第三インタナショナル』

『帝国主義戦争』

『ナロードニキの経済的内容』

『貧農に訴ふ』

『社会主義と宗教』

『ソヴェート政権の当面の任務』

『罷業統計に就いて』

『民族問題に就いて』

『レーニン年譜及著作目録』

『レーニン哲学ノート -改編・増補』

『労働組合論』

レーニン著作集刊行会

『レーニン著作集01 -新経済政策』

『レーニン著作集03 -戦争と社会主義』

『レーニン著作集04 -一九一七年 プロレタリア革命』

『レーニン著作集05 -ソヴィエット政権』

『レーニン著作集06 -インタナショナル』

『レーニン著作集07 -内外政策』

『レーニン著作集08 -ロシアに於ける資本主義の発達 前編』

『レーニン著作集09 -ロシアに於ける資本主義の発達 後編』

『レーニン叢書10 -帝国主義戦争』

三田書房

『労働組合論』

政治批判社

『一九〇五年以後』 Der Parlamentarismus und die Taktik der Bolschewiki

『協同組合論』 Uber das Genossenschaftswesen

南宋書院

『一九〇五年の革命に就ての演説』

『社会民主主義と選挙協定』

『哲学的唯物主義 -唯心論との闘争』

『弁証法の具体的適用 -附・歴史の唯必論対唯物論理解』

『マルクス主義の源泉と構成』

マルクス書房

『三月革命より十一月革命まで』

『組織問題』

『戦争論』

『貧農に与ふ -農民と労働者は如何にして結合す可きか』

叢文閣

『遠方からの手紙 -附・新らたに発見されたレニンの論文』

『支那に就て』

『資本主義最近の段階としての帝国主義』

『ヘーゲル「論理の科学」大綱』

同人社

『カール・マルクス -マルクスの略伝及マルキシズムの梗概』

共生閣

『口に統一を叫びながら統一を乱すもの』

『組織問題に就いて』

『婦人に与ふ -レーニンは労働婦人になんと呼びかけたか』

『背教者カウツキー』

『労働組合論』

『アジテーションとプロパガンダ』 Agitation und Propaganda

『議会闘争の戦術』

『資本主義の最新の段階としての帝国主義』

『マルクス主義の基礎理論』

『經濟學教程』

『浪漫派經濟學批判』

極東社

『青年に与ふ -演舌並びに論文』

思想社

『トルストイとディツゲン』

暁星閣

『弁証法と折衷主義』

紅土書房

『レーニンは何を教ふるか -附・金属労働者に就て』

平凡社(HeibonSha)

『唯物論と経験批判論』

『レーニン』

永田書店

『国家について』

『メンシェヴィズムの危機 -附・文集「十二年間」への序文』

『レニン綱領案及その解説』

岩波書店(Iwanami Shoten)

『帝国主義』

『何を為すべきか』 ЧТО ДЕЛАТЬ? (1902)

『唯物論と経験批判論』 Maтepиaлиз и eмпиpиoкpитицизм (1909, 1920)

『カール・マルクス -他五篇』

『カール・マルクス -他十八篇』

『レーニンのゴォリキーへの手紙』

『ロシアにおける資本主義の発展』 Развитие капитализма в России (1899)

『哲学ノート』

『国家と革命』

『資本主義の最近の段階としての帝国主義』 Der Imperialismus als Etappe des Kapitalismus

弘文堂書房

『弁証法的唯物論について』

『何を為す可きか?』

改造社(KaizoSha)

『農村問題』

『労働組合論』 Uber Gewerkschaften

『組織論』 Lenin uber Organisationsfragen

『帝国主義論』

『唯物論と経験批判論』

『何をなすべきか』


『農業問題とマルクス主義』

『ロシア農業問題』

『農業綱領の諸問題 上巻』

南蛮書房

『農業問題と「マルクス批判家」』

『カール・マルクス』

『宗教論』

イスクラ閣

『ボルセヴイキ党の諸任務』

政治研究社

『国家と革命』

左翼書房

『国家論』

中外書房

『カール・マルクス』

プロレタリア書房

『国家学説』

大田黒研究所

『共産主義「左翼」小児病 -マルクス主義の戦略戦術に関する通俗的談話の試み』

南北書院

『ロシアに於ける資本主義の発達 -大工業のための国内市場の形成過程 (上)』

『レーニンはクラウゼヴィッツ『戦争論』を如何に読んだか? -レーニンの哲学ノートより』

曙書房

『三月革命の教訓』

新興書房

『国家と革命・左翼小児病』

橘書店

『帝国主義論』

ナウカ社

『レニン史的唯物論体系』

『レニン選集 第1巻 第1分冊 1894-1904年』

彰考書院

『共産主義における「左翼」小児病』

『経済学教程 (上)』

『国家と革命』

『國家について』 Uber den Staat

『資本主義最高の段階としての帝国主義』

『マルクスとその学説』

『労働組合論』

『何をなすべきか?』

『民族問題 -民族および植民地問題にかんする論集』

『経済学体系』

『流れに抗して』

人民社

『共産主義の「左翼」小児病』

『帝國主義戰爭期2』 V.I.Lenin-pages choisies

白揚書館

『社会主義と宗教』

『協同組合論』

『社会主義と宗教』

『農業に於ける資本主義』

民主評論社

『国家と革命』

『マルクス主義体系 -マルクス、エンゲルス、マルクス主義 (上)』

社会主義著作刊行会

『国家と革命』

『国家について』

『唯物論と経験批判論 第1分冊』

『煽動と宣伝 上巻』

永美書房

『貧農に訴ふ』

『労働組合論』

三和書房

『平和革命論』

解放社

『民主主義革命に於ける二つの戦術』

穂高書房

『レーニン選集01 何を為すべきか』

社会書房

『帝国主義論』

『国家と革命 -マルクス主義の国家理論及び革命に於けるプロレタリアートの任務』

『レーニンと芸術』

『プロレタリア革命と背教者カウツキー』

星雲社

『迫り來る破局 -如何にして之と闘ふべきか?』

真理社

『一歩前進二歩退却 -わが党内における危機』

『ロシヤにおける資本主義の発達』

第三書房

『遠方からの手紙・四月テーゼ』

『貧農に訴う』

社会科学研究会

『国家に関するマルクス主義の見解 -小冊子「国家と革命」準備にさいしての諸資料』

『哲学ノート』

佐藤秀一記念会

『レーニン選集』

暁明社

『レーニン選集 -戰略・戰術 第1卷 第2分冊』

『レーニン選集 -戦略・戦術 第3巻 第1,2分冊』

社会経済研究会

『一九〇五-一九〇七年のロシア第一革命における社会民主党の農業綱領』

世紀書房

『人民の友とは何か -かれらはいかに社会民主主義者とたたかうか』

『プロレタリア革命と背教者カウツキー』

五月書房

『戦争論』

『人民の友とは何か』

学芸社

『唯物論と経験批判論』

三一書房

『ローマン派経済学批判』

『労働者と農民の同盟』

国民文庫社

『マルクス=エンゲルス=マルクス主義』

『民族自決権について -他十篇』

『共産主義における「左翼」小児病 -他十一篇』

『民主主義革命における社会民主党の二つの戦術』

『プロレタリア革命と背教者カウツキー -他七篇』

『なにをなすべきか?』

『農業問題と「マルクス批判家」 -他一篇』

『罰金法とストライキ闘争』

『農業における資本主義 -他八篇』

『第二インタナショナルの崩壊 -他十六篇』

『いわゆる市場問題について -他三編』

『社会主義と戦争 -他十七篇』

『帝国主義論 -帝国主義と社会主義の分裂 他二篇』

『国家と革命 -国家について 他二篇』

『唯物論と経験批判論』

『一歩前進、二歩後退』

『帝国主義と民族・植民地問題』

『貧農に訴える』

『平和のための闘争』

『一九〇五年の革命』

『レーニン=スターリン青年論』

『ロシアにおける資本主義の発展』

『社会民主党の農業綱領』

『人民の友とはなにか』

古典叢書刊行会

『弁証法的唯物論体系』

理論社

『哲学ノート』

『レーニンの貧農に訴える』

青木書店

『一九一七年の革命』

『レーニン文学論』

『新経済政策 (上)』

『レーニン教育論』

『カール・マルクス』

『宗教論』

『国家と革命』

『レーニンとゴーリキーの手紙』

『青年同盟の任務』


『国家と革命』

『帝国主義論』

『カール・マルクス』

『共産主義における「左翼」小児病』

『貧農に訴える』

『唯物論と経験批判論』

駿台社

『党員の資格について』

日月社

『レーニンのゴーリキーへの手紙』

大月書店

『帝国主義論』

『ロシアにおける資本主義の発展 第3冊』

『哲学ノート』

『カール・マルクス』

『さしせまる破局、それとどうたたかうか -他7篇』

『国家・法律と革命』

『宣伝・扇動』

『文化・文学・芸術論』

『戦争と平和、帝国主義』

『プロレタリア国際主義』

『労働組合 -理論と運動』

『いわゆる市場問題について -他3篇』

『なにをなすべきか? -新訳』

『国会と選挙』

『国家論ノート -マルクス主義国家論』

『社会主義と戦争 -他十篇』

『国家論ノート』

『レーニン教育論』

『協同組合論』

『経済学的ロマン主義の特徴づけによせて』

『経済学評注』

『青年学生論』

『トロツキズム批判』

『マルクス=エンゲルス=マルクス主義』

『唯物論と経験批判論』

『労働者統制・国有化論』

『ロシアにおける資本主義の発展』

『民族問題ノート』

『共産主義における「左翼」小児病』


『問題別レーニン選集01 党綱領問題 (上)』

『問題別レーニン選集02 国家資本主義論』

『問題別レーニン選集03 労働組合論 (上)』

『問題別レーニン選集03 労働組合論 (中)』

『問題別レーニン選集3 労働組合論 (下)』

新日本出版社(Shin Nihon ShuppanSha)

『マルクス主義と修正主義』

『唯物論と経験批判論 -ある反動哲学についての批判的覚え書』

『カール・マルクス』

『国家と革命・国家について』

『帝国主義論』 Имперiализмъ

『マルクス主義の三つの源泉と三つの構成部分/カール・マルクス/ほか』

『「人民の友」とはなにか<第1分冊>/弁証法の問題によせて』

角川書店(Kadokawa Shoten)

『帝国主義論』

『国家と革命』

プログレス出版所(Pregross Shuppan)

『平和共存について』

『国際共産主義運動の統一について』

『労働運動における教条主義とセクト主義に反対する』

『民族政策とプロレタリア国際主義の諸問題』

『東方諸民族の民族解放運動について』

『アジアの目ざめ』

『社会主義的イデオロギーと文化について』

『文学と芸術について』

『労働組合論 -論文演説集』

『青年について』

『婦人の解放について』

『帝国主義と帝国主義者について』

『婦人の解放について -論文演説集』

河出書房(Kawade Shobo)/河出書房新社(Kawade Shobo ShinSha)

『レーニン』

明治図書出版

『レーニン教育論大系』

現代思潮社(Gendai ShichoSha)

『「ブハーリン著過渡期経済論」評註』 Ленинский Сборник

『レーニン -1905年革命と帝国主義戦争』

芳賀書店

『レーニンの言葉』

ソヴェト図書館事業研究会

『レーニンと図書館事業』

筑摩書房(Chikuma Shobo)

『国家と革命』

光文社(KobunSha)

『帝国主義論』 Империализм

講談社(KodanSha)

『国家と革命』

小学館(Shogakukan)

「レーニン」

国書刊行会(Kokusho Kankohkai)

「スイス労働者への告別の手紙」 Abschiedsbrief an die Schweizer Arbeiter

春秋社(ShunjyuSha)

「帝国主義論」

Complete Collection

『レーニン全集04 イスクラ時代 上巻 第1,2,3,4分冊』

『レーニン全集04 イスクラ時代 下巻 第1,2,3分冊 附録』

『レーニン全集20 1917年 第1分冊』

『レーニン全集20 1917年 第2分冊1,2,3,4,5』


『レーニン選集 第1輯』


『レーニン選集 第1巻3』

『レーニン選集 第2巻1』

『レーニン選集 第2巻2』


『レーニン二巻選集 第1巻 第1分冊』

『レーニン二巻選集 第1巻 第2分冊』

『レーニン二巻選集 第1巻 第3分冊』

『レーニン二巻選集 第1巻 第4分冊』

『レーニン二巻選集 第1巻 第5分冊』

『レーニン二巻選集 第1巻 第6分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第7分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第8分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第9分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第10分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第11分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第12分冊』

『レーニン二巻選集 第2巻 第13分冊』

『レーニン二巻選集 補巻』

『レーニン二巻選集 別冊』


『レーニン選集 戦略・戦術 第2巻 第1分冊 -行動のボルシェヴイキ党』

『レーニン選集 戦略・戦術 第2巻 第2分冊 -行動のボルシェヴイキ党』


『レーニン全集01』

『レーニン全集02』

『レーニン全集03』

『レーニン全集04』

『レーニン全集05』

『レーニン全集06』

『レーニン全集07』

『レーニン全集08』

『レーニン全集09』

『レーニン全集10』

『レーニン全集11』

『レーニン全集12』

『レーニン全集13』

『レーニン全集14』

『レーニン全集15』

『レーニン全集16』

『レーニン全集17』

『レーニン全集18』

『レーニン全集19』

『レーニン全集20』

『レーニン全集21』

『レーニン全集22』

『レーニン全集23』

『レーニン全集24』

『レーニン全集25』

『レーニン全集26』

『レーニン全集27』

『レーニン全集28』

『レーニン全集29』

『レーニン全集30』

『レーニン全集31』

『レーニン全集32』

『レーニン全集33』

『レーニン全集34』

『レーニン全集35』

『レーニン全集36』

『レーニン全集37』

『レーニン全集38』

『レーニン全集40』

『レーニン全集41』

『レーニン全集42』

『レーニン全集43』

『レーニン全集44』

『レーニン全集45』

『レーニン全集 別巻01』

『レーニン全集 別巻02』


『レーニン選集 第1冊』

『レーニン選集 第2冊』

『レーニン選集 第3冊』

『レーニン選集 第4冊』

『レーニン選集 第5冊』

『レーニン選集 第6冊』

『レーニン選集 第7冊』

『レーニン選集 第8冊』

『レーニン選集 第9冊』

『レーニン選集 第10冊』

『レーニン選集 第11冊』

『レーニン選集 第12冊』


『レーニン選集01』

『レーニン選集02』

『レーニン選集03』

『レーニン選集04』

『レーニン選集05』

『レーニン選集06』


『レーニン10巻選集01』

『レーニン10巻選集02』

『レーニン10巻選集03』

『レーニン10巻選集04』

『レーニン10巻選集05』

『レーニン10巻選集06』

『レーニン10巻選集07』

『レーニン10巻選集08』

『レーニン10巻選集09』

『レーニン10巻選集10』

『レーニン10巻選集 別巻01』

『レーニン10巻選集 別巻02』


『レーニン三巻選集 第1巻 第1分冊』

『レーニン三巻選集 第1巻 第2分冊』

『レーニン三巻選集 第1巻 第3分冊』

『レーニン三巻選集 第2巻 第1分冊』

『レーニン三巻選集 第2巻 第2分冊』

『レーニン三巻選集 第2巻 第3分冊』

『レーニン三巻選集 第3巻 第1分冊』

『レーニン三巻選集 第3巻 第2分冊』

『レーニン三巻選集 第3巻 第3分冊』


『レーニン選集03』

『レーニン選集04』


『レーニン選集1』 Избранные произведения

『レーニン選集2』 Избранные произведения

『レーニン選集3』 Избранные произведения

『レーニン選集4』 Избранные произведения

『レーニン選集5』 Избранные произведения

『レーニン選集6』 Избранные произведения

『レーニン選集7』 Избранные произведения

『レーニン選集8』 Избранные произведения

『レーニン選集9』 Избранные произведения

『レーニン選集10』 Избранные произведения

『レーニン選集11』 Избранные произведения

『レーニン選集12』 Избранные произведения

AmeqList since 1996 Update:2018/ 9