ジョン・ダニング

John Dunning

1942- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

ニューヨーク生れ。新聞記者から作家になったが、一時沈黙していたらしい。その間、古書店を経営していた。その経験から『死の蔵書』が書かれた。
けっこう話題にのぼった本である。

Amazon ジョン・ダニング John Dunning

Novel

『封印された数字』 The Holland Suggestions (1975)

『ジンジャー・ノースの影』 Looking for the Ginger North (1980)

『名もなき墓標』 Deadline (1981)

『死の蔵書』 Booked to Die (1992)

『幻の特装本』 The Bookman's Wake (1995)

『深夜特別放送』 Two O'clock Eastern Wartime (2001)

『失われし書庫』 The Bookman's Promise (2004)

『災いの古書』 The Sign of the Book (2005)

『愛書家の死』 The Bookwoman's Last Fling (2006)

Nonfiction/Etc.

「ブックマンの視点」 The Bookman's Eye

「デビューまでの長い道のり」 The Holland Suggestions

Top of Page