ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

マックス・アラン・コリンズ

Max Allan Collins

1948/ 3/ 3- U.S.A.
Authors List

アイオワ州生まれ。アイオワ大学卒業。
圧倒的にノヴェライゼーションが多い。でも、ここまであると、ひとつのステータスにもなりえるのではないかと思う。けっこう映像と一致させるのはむずかしい。

Amazon マックス・アラン・コリンズ Max Allan Collins

Novel

『シカゴ探偵物語 -悪徳の街1933』 True Detective (1983)

『想い出は奪えない』 The Baby Blue Rip-Off (1983)

『リンドバーグ・デッドライン』 Stolen Away (1991)

『タイタニック号の殺人』 The Titanic Murders (1999)

『ヒンデンブルク号の殺人』 The Hidenburg Murders (2000)

『黒衣のダリア』 Angel in Black (2001)


『ディック・トレイシー』 Dick Tracy (1989)

『ザ・シークレット・サービス』 In the Line of Fire (1993)

『マーヴェリック』 Maverick (1994)

『ウォーターワールド』 Waterworld (1995)

『ウォーターワールド -映画ストーリー版』 Waterworld (1995)

『デイライト』 Daylight (1996)

『エアフォース・ワン』 Air Force One (1997)

『プライベート・ライアン』 Saving Private Ryan (1998)

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』 The Mummy (1999)

『U-571』 U-571 (2000)

『ウインドトーカーズ』 Windtalkers (2001)

『ロード・トゥ・パーディション』 Road to Perdition (2002)

『スコーピオン・キング』 The Scorpion King (2002)

『ピンクパンサー』 The Pink Panther (2005)

『ボーンズ -深く葬られし者』 Bones (2008)

『ハムナプトラ3 -呪われた皇帝の秘宝』 The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor (2008)

『X-ファイル -真実を求めて』 The X-Files: I want to Believe (2008)


『CSI:科学捜査班 -ダブル・ディーラー』 CSI: Crime Scene Investigation: Double Dealer (2001)

『CSI:科学捜査班 -シン・シティ』 CSI: Crime Scene Investigation: Sin City (2002)

『CSI:科学捜査班 -コールド・バーン』 CSI: Crime Scene Investigation: Cold Burn (2003)

『CSI:科学捜査班 -死の天使』 CSI: Crime Scene Investigation: Grave Matters (2004)

『CSI:科学捜査班 鮮血の絆』 CSI: Crime Scene Investigation: Binding Ties (2005)


『ダーク・エンジェル -戦闘前夜』 Dark Angel: Before the Dawn (2002)

『ダーク・エンジェル -スキン・ゲーム』 Dark Angel: Skin Game (2003)

『ダーク・エンジェル -最終戦争』 Dark Angel: After the Dark (2003)


『アイ・ラブ・トラブル』 I Love Trouble (1994)


『クリミナル・マインドFBI行動分析課 -血のモンタージュ』 Criminal Minds: Jump Cut (2007)

『クリミナル・マインドFBI行動分析課2 -猟奇のパズル』 Criminal Minds

Short Fiction

「主義の問題」 A Matter of Principle (editor:(Edward Gorman)/(Martin H. Greenberg) Stalkers 1989)

「片手で拍手する音」 The Sound of One Hand Clapping (editor:(Martin H. Greenberg) The Further Adventures of Batman 1989)

「ストロベリー色の涙」 The Strawberry Teardrop

「死の往診」 House Call

「大理石のミルドレッド」 Marble Mildred

「父の幽霊」 His Father's Ghost

「ルイーズ」 Louise

「完全犯罪」 The Perfect Crime

「スクリューボール」 Screwball

「ビル・オライリーに花束を」 Flowers for Bill O'Reilly

「サンセットでケリをつけろ」 Shoot-Out on Sunset (editor:(Robert J. Randisi) Mystery Street 2001)

「自然死組合」 Natural Death, Inc. (1999)

「甦り」 Reincarnal (1994)

「マミー」 Mommy (1995)

「マーリイに花輪を」 A Wreath for Marley (1995)

「サービスが肝心」 Guest Services

「呪われた空き家」 Open House (2005)

「クォリーの運」 Quarry's Luck

「忘れじのクルーズ」 A Cruise to Furget (1999)


「どうして黙っているの」 Cat Got Your Tongue

「ウィリアム・ヘンリー・ハリスンのキャビネット」 The Cabinet of William Henry Harrison (1996)

AmeqList since 1996 Update:2018/ 8