ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)

ユルゲン・ハーバマス

Jürgen Habermas

1929- Germany
Authors List

Amazon ユルゲン・ハーバマス Jürgen Habermas
Nonfiction/Etc.

『社会哲学論集 -政治における理論と実践』

『イデオロギーとしての技術と学問』 Technik und Wissenshaft als Ideologie

『イデオロギーとしての技術と科学』 Technik und Wissenshaft als Ideologie

『公共性の構造転換 -市民社会の一カテゴリーについての探究』 Strukturwandel der Offentlichkeit

『晩期資本主義における正統化の諸問題』 Legitimationsprobleme im Spätkapitalismus

『認識と関心』 Erkenntnis und Interesse

『哲学的・政治的プロフィール -現代ヨーロッパの哲学者たち』 Philosophisch-politische Profile

『コミュニケイション的行為の理論』 Theorie des kommunikativen Handelns

『近代の哲学的ディスクルス』 Der philosophische Diskurs der Moderne

『ポスト形而上学の思想』 Nachmetaphysisches Denken

『道徳意識とコミュニケーション行為』 Moralbewusstsein und kommunikatives Handeln

『未来としての過去 -ハーバーマスは語る』 Vergangenheit als Zukunft

『遅ればせの革命』 Die nachholende Revolution

『新たなる不透明性』 Die neue Unubersichtlichkeit

『法と正義のディスクルス -ハーバーマス京都講演集』

『近代未完のプロジェクト』

『史的唯物論の再構成』 Zur Rekonstruktion des historischen Materialismus

『道徳意識とコミュニケーション行為』 Moralbewusstsein und kommunikatives Handeln

『事実性と妥当性 -法と民主的法治国家の討議理論にかんする研究』 Faktizitat und geltung

『テロルの時代と哲学の使命』 Philosophy in a Time of Terror

『他者の受容 -多文化社会の政治理論に関する研究』 Die Einbeziehung des Anderen

『人間の将来とバイオエシックス』 Die Zukunft der menschlichen Natur

『討議倫理』 Erlauterungen zur Diskursethik

『ポスト世俗化時代の哲学と宗教』 Dialektik der Sakularisierung

『引き裂かれた西洋』 Der gespaltene Westen

『過ぎ去ろうとしない過去 -ナチズムとドイツ歴史家論争』 Historikerstreit

『社会科学の論理によせて』 Zur Logik der Sozialwissenschaften

『自然主義と宗教の間 -哲学論集』 Zwischen naturalismus und religion

『真理と正当化 -哲学論文集』 Wahrheit und rechtfertigung


「後期資本主義社会体制の変革のための諸条件」

「ヘーゲルの政治哲学」

「近代 -未完のプロジェクト」

「人権、国際法、国際秩序 二百年後から見たカントの永遠平和という理念」

Update:2019