トマス・H・クック

Thomas H. Cook

1947/ 9/19- U.S.A.
翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

アラバマ州生れ。大学の講師や編集者を経て、作家。

Amazon トマス・H・クック Thomas H. Cook

Novel

『鹿の死んだ夜』 Blood Innocents (1980)

『神の街の殺人』 Tabernacle (1983)

『だれも知らない女』 Sacrificial Gromd (1988)

『過去を失くした女』 Flesh and Blood (1989)

『熱い街で死んだ少女』 Streets of Fire (1989)

『夜訪ねてきた女』 Night Secrets (1990)

『闇をつかむ男』 Evidence of Blood (1991)

『死の記憶』 Mortal Memory (1993)

『夏草の記憶』 Breakheart Hill (1995)

『緋色の記憶』 The Chatham School Affair (1996)

『夜の記憶』 Instruments of Night (1998)

『心の砕ける音』 Places in the Dark (2000)

『闇に問いかける男』 The Interrogation (2002)

『テイクン』 Taken (2002)

『孤独な鳥がうたうとき』 Peril (2004)

『蜘蛛の巣のなかへ』 Into the Web (2004)

『緋色の迷宮』 Red Leaves (2005)

『石のささやき』 The Cloud of Unknowing(The Murmur of Stones) (2006)

『沼地の記憶』 Master of the Delta (2008)

『ローラ・フェイとの最後の会話』 The Last Talk With Lola Faye (2010)

『キャサリン・カーの終わりなき旅』 The Fate of Katherine Carr (2009)

『ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密』 The Crime of Julian Wells (2012)

『サンドリーヌ裁判』 Sandrine's Case

Short Fiction

「父親の重荷」 Fatherbood (Murder for Revenge 1998)

「有罪」 Conviction

「八百長試合」 The Fix (editor:(Otto Penzler) Murder on the Ropes 2001)

「彼女がくれたもの」 What She Offered (editor:(Otto Penzler) Dangerous Women 2005)

「雨」 Rain

「ネヴァーモア」 Nevermore (editor:(Stuart M. Kaminsky) On a Raven's Wing 2009)

「クリスマスの教え」 The Lesson of the Season (editor:(Otto Penzler) Christmas at the Mysterious Bookshop 2003)

Nonfiction/Etc.

『七つの丘のある街』 Early Graves (1990)


「トマス・H・クック、創作について語る」

Top of Page