ameqlist 翻訳作品集成(Japanese Translation List)
サイト内検索

マイクル・コナリー

Michael Connelly

1956- U.S.A.
Authors List

フィラデルフィア生まれ。フロリダ大学卒業。新聞記者から作家。

Amazon マイクル・コナリー Michael Connelly

Novel

『ナイトホークス』 The Black Echo (1992)

『ブラック・アイス』 The Blagk Ice (1993)

『ブラック・ハート』 The Concrete Blonde (1994)

『ラスト・コヨーテ』 The last Coyote (1995)

『ザ・ポエット』 The Poet (1996)

『トランク・ミュージック』 Trunk Music (1997)

『わが心臓の痛み』 Blood Work (1998)

『堕天使は地獄へ飛ぶ』 Angels Flight (1999)

『バッドラック・ムーン』 Void Moon (2000)

『夜より暗き闇』 A Darkness More Than Night (2000)

『シティ・オブ・ボーンズ』 City of Bones (2002)

『チェイシング・リリー』 Chasing the Dime (2002)

『暗く聖なる夜』 Lost Light (2003)

『天使と罪の街』 The Narrows (2004)

『終決者たち』 The Closers (2005)

『リンカーン弁護士』 The Lincoln Lawyer (2005)

『エコー・パーク』 Echo Park (2005)

『死角 -オーバールック』 The Overlook (2007)

『真鍮の評決』 The Brass Verdict (2008)

『スケアクロウ』 The Scarecrow (2009)

『ナイン・ドラゴンズ』 Nine Dragons (2009)

『判決破棄』 The Reversal (2010)

『証言拒否』 The Fifth Witness

『転落の街』 The Drop

Short Fiction

「二塁打」 Two-Bagger (editor:(Otto Penzler) Murderers' Room 2001)

「クリスマス・イーヴン」 Christams Even

「空の青(シエロ・アズール)」 Cielo Azul (2001)

「一ドルのジャックポット」 One-Dollar Jackpot (editor:(Otto Penzler) Dead Man's Hand 2007)

「父の日」 Father's Day (editor:(Michael Connelly) The Blue Religion) 2008)

「捜査の切り口」 Angle of Investigation (2005)

「ちかみち」 Short Cut (Half-Minute Horrors 2009)

「真夜中を過ぎて」 After Midnight (Men from Boys 2003)

「マルホランド・ダイブ」 Mulbollando Dive (Los Angeles Noir 2007)

「自殺事案」 Suicide Run (editor:(Robert J. Randisi) Hollywood and Crime 2007)

Antholosy/Nonfiction/Etc.

『ベスト・アメリカン・ミステリ ジュークボックス・キング』 The Best American Mystery Stories 2003


「マイクル・コナリーのチャンドラー論」

「'犬の捕獲人'としての存在」 Michael Connelly Interviews Harry Bosch

「人物造形」

「ヒエロニムス・ボッシュ」 (2009)