角川書店(Kadokawa Shoten)

翻訳作品集成(Japanese Translation List) ameqlist

1945年に国文学者、角川源義が創業。
毀誉褒貶とでも言うべきなのだろうか。変遷が激しくて、一言では言い表しがたいところがある。どこにでもある事なのだが、内紛が表面に出過ぎているようにも思う。

1949年、角川文庫の刊行開始。
1965年、角川春樹、1966年に角川歴彦が入社する。1975年に角川源義が死去し、角川春樹が社長に就任する。翌年、1976年に角川春樹が株式会社角川春樹事務所を設立し、映画製作を開始して、角川映画ブームを起こす。
横溝正史の『犬神家の一族』、「ぼくのあの帽子はどこに行ったんでしょうね」で一世を風靡した『人間の証明』、たいしたことなかった『野性の証明』。傑作を愚作にした『戦国自衛隊』、期待を裏切った『復活の日』、「かいかん~」にしびれた『セーラー服と機関銃』、つかこうへいの名作が名画になりえると証明した『蒲田行進曲』。永遠なる名作『時をかける少女』、マイマスターピース『麻雀放浪記』等々。良きにつけ悪しきにつけ、わたしの青春の一ページではある。

1988年に角川春樹事務所を吸収合併し、。以後、映画製作は角川書店本体が行なう。『戦国自衛隊』以降らしい。ビデオで確認してないけども。
1991年、株式会社富士見書房を吸収合併する。1992年、副社長の角川歴彦が辞任して株式会社メディアワークスを創業する。
1993年、角川春樹が社長を解任され、角川歴彦が顧問として角川書店に復帰して、社長に就任。
1998年11月に東京第二部上場を果たす。2002年、映画会社大映を買収。角川大映映画を設立。メディアワークスを子会社にする。 2003年4月1日、持株会社角川ホールディングスを設立。出版関係は角川書店に事業譲渡する。 2004年9月、角川ホールディングスは、東京第一部に移行。
2005年10月1日、角川書店から旧富士見書房事業部を株式会社富士見書房として設立。
2006年4月1日、角川書店から「角川クロスメディア」、「角川ザテレビジョン」を新設。

他の出版社を編集プロダクション化して、販売は角川書店とする手法等を展開するが、思うようにいっていない。この集成にもリスト化したアーティストハウスのBook plusが、その例だが、既に解消している。個人的な思いだが、営業と製作が一帯にならない場合、意思の即通をいかに計るかが大命題であると思う。ましては同一社内でない場合は、これは非常に難しいと思わざるを得ないし、カリスマ的な指導力を要求される。
おそらくは、一種神がかり的な人物の影響力に支配されている期間が長く、その影響力のもとでの体制や意識が旧体制下での影響を未だに排除しきれていないようにも感じられる。
吸収合併、分社化の動きも盛んで、そのたびに、角川文庫も変貌している。20社以上に及ぶ子会社は一体、どこへ行こうとしているのか、メディアミックスと騒がれたが、出版社としてのその本分すらも見失いつつあるように感じられ、行く末が見当もつかない。
本業は、本業として守るべきものがあるはずだとも思える。

角川文庫は、角川ソフィア文庫、角川ホラー文庫、角川スニーカー文庫、角川ビーンズ文庫、角川ルビー文庫、角川ティーンズルビー文庫、角川ミニ文庫等に分かれる。
それ以外に枝葉の文庫もいくつかあった。

単行本(Hard Cover)
単行本(Hard Cover) 1947-2000年
単行本(Hard Cover) 2001年-
角川文庫
角川文庫(Kadokawa bunko) 1949-1980年
角川文庫(Kadokawa bunko) 1981-2000年
角川文庫(Kadokawa bunko) 2001年-
角川つばさ文庫(Kadokawa Tsubasa Bunko) 2009年-
各種叢書
海外ベストセラー・シリーズ(Kaigai Best Seller Series) 1970-1989年
海外純文学シリーズ 1972-1977年
カドカワ・ノヴェルズ(Kadokawa Novels)
ブックプラス(book plus) 2000-2004年
角川ホラー文庫(Kadokawa Horror bunko) 1993年-
角川選書
世界の人間像 全26巻 1961-1966年
ジュブナイル(Juvenile)
角川文庫ジュブナイルSFシリーズ(Kadokawa bunko Juvenile SF Series) 1976-1977年
カドカワFシリーズ(Kadokawa F Series) 1989年-
Reference
アンソロジー(Anthology)
全集一覧
角川春樹事務所
角川春樹事務所/ハルキ文庫 1997年-
富士見書房
富士見ドラゴン・ノベルズ(Fujimi Doragon Novels) 1987-1996年
富士見ドラゴンブック(Fujimi Dragon book) 1986-1989年
富士見ロマン文庫(Fujimi Roman bunko) 1977年-
Top of Page